「たまごクラブ」にベルタ葉酸サプリが紹介されました!

妊娠中や産後にくる、栄養バランスの乱れと戦うために!
「たまごクラブ」でベルタ葉酸サプリが取り上げられました!

 

妊娠中でも飲みやすい!ベルタ葉酸サプリの大きさに注目!

錠剤を飲むときの煩わしさをなくすべく、直径9mmサイズです。
女性は鎮痛剤を飲んだことがある方も多いと思いますが、有名なバファリンは10mmですからバファリンに飲みにくさを感じない方には全く問題無い大きさです。

あまり知られていない、錠剤を飲むポイント!

錠剤やカプセルの薬を飲む場合、上を向いて飲み込まれる方多くないですか??私もそうしていました。
特に、カプセルは少し喉に支える感じがして苦手でしたが、実は、飲み込む時に頷くように下を向くと驚くほど簡単に飲み込めます!
これは薬剤師さんが教えてくれた裏技です。是非やってみてください!

 

そもそも葉酸って??葉酸について詳しく紹介!

葉酸とは、妊娠初期はもちろん、授乳期のママにとっても必要と言われる栄養素です。
ビタミンB郡の一種で、ほうれん草やブロッコリー、レバーや焼き海苔などに多く含まれています。

 

しかし、食べ物から取る葉酸は、水溶性ビタミンで尿として排出されてしまうため、なかなか摂取が難しいのも事実です。

 

また、よく心配されているのがベルタ葉酸サプリで1日に400マイクログラムの葉酸を摂取してしまうと葉酸のとりすぎになるのではないか?ということです。

 

厚生労働省から、妊娠中には400マイクログラムの葉酸を取るように言われていますが、これは最低限の容量。
上限値は1000マイクログラムと言われており、ベルタ葉酸サプリを毎日決められた用量をとって、やっと400マイクログラムの必要量を満たすということです。

 

※食べ物でいうと
生ほうれん草一束(一袋)で約180gだと、葉酸は約378マイクログラムです。
焼き海苔1枚で約3gだと、葉酸は約19マイクログラムです。
納豆だと、1パックで約45gだと、葉酸は約54マイクログラムです。
ほうれん草を毎日一束以上食べることも、
焼き海苔を毎日20枚以上食べることも、
納豆を毎日7パック以上食べることも。

 

さらに、妊娠中は悪阻や食べたいもの、食べれるものにも偏りが出てきて、バランスよく栄養を取るのが大変。
授乳中も、なかなか自分の食事には気を使ってられない状況です。
お腹にいる赤ちゃん、母乳をメインの食事としている赤ちゃんに栄養を行き渡らせるためにも、ベルタ葉酸サプリはこだわりました!

 

鉄分やビタミン、ミネラル、カルシウムを豊富に配合し、ママの内面からお手伝いをします。