【ベルタ葉酸】妊娠前・妊娠中に必要な栄養素と過剰摂取すると危険な栄養素まとめ

安い葉酸サプリではなく、あえてベルタ葉酸などのちょっとイイモノを検討している人は、やはり他の人よりも妊娠・出産や健康への意識が高い女性のはず。
妊娠前・妊娠中・産後の授乳期まで、赤ちゃんと自分自身の健康と美容のために、一番最適なサプリを選びたいですよね。
でも、じつはビタミンA(レチノール)など、一部の栄養素の過剰摂取が胎児に悪影響を及ぼすこともあるということはご存知でしたか?

 

  • ベルタ葉酸の成分は?
  • 危険性はない?本当に安全?
  • 胎児のために栄養面でどんなことに気を付けたらいい?
  • サプリはベルタ葉酸だけ飲んでいればいいの?

 

そんな不安をまとめて解説していきます!

 

 

 

妊娠中、栄養はたくさん摂ればいいというものではない

妊娠中や授乳中は、とにかく赤ちゃんにたくさん栄養を届けたいと思うのが母心です。
しかし、冒頭でも紹介したように、どんな栄養もたくさん摂れば摂るほどいいというわけではないんです。

 

とはいえ、通常の食事から摂取できる栄養分に関してはそこまで心配はいりません。
食事から摂取できる栄養素は、特殊な食材を長期間食べ続けるようなことがなければ、過剰摂取とよべる摂取量には遠く及ばないからです。

 

心配なのは、サプリメントの過剰摂取

  • 製品情報や成分が公開されていない粗悪なサプリを服用する
  • 一日の推奨量以上を摂取する
  • 数日分をまとめ飲みする

このような間違ったサプリ選び・サプリの飲み方をしないことが大切です。

 

安全な葉酸サプリ・妊活、妊娠サプリおすすめ

妊娠前(妊活中)・妊娠中・出産後まで摂取が必須栄養素といえば、葉酸!
サプリ選びをするときは、この葉酸を中心に、赤ちゃんとお母さんのための栄養素がぎゅっとつまった複合タイプの葉酸サプリがおすすめです。
つわりの体調が悪い時に、たくさんのサプリを飲むのは大変ですし、サプリが増えれば選ぶのも管理もめんどうになります。

 

そこで、葉酸サプリのなかでも、特に

  • ビタミンAなどの栄養分の過剰摂取にならないよう配合量に配慮
  • 赤ちゃんと母体のための健康成分と、産前産後不足しがちな美容成分がぎっしり
  • 体に吸収されやすいモノグルタミン酸の葉酸(酵母発酵させた合成葉酸)
  • 圧倒的なプレママ、ママさんからの人気と実績
  • 全成分公開の安心感
  • 安心の国産、国内製造
  • 農薬や放射線検査実施

と、気になる効果や安全性をクリアした圧倒的におすすめな葉酸サプリがあります。

 

ベルタ葉酸

 

売上・満足度・人気でナンバー1を獲得しているベルタ葉酸。
安全な葉酸サプリ選びに迷ったら、とりあえずコレ!で失敗はありません。

 

ベルタ葉酸なら、サポート体制も万全

また、ベルタ葉酸では、購入者限定で妊活中〜子育て中まで、無料で電話やメールでユーザーサポートを行っているのもうれしいポイント♪
ベルタ葉酸サプリの飲み方や疑問だけではなく、妊娠中の食事や健康管理、妊活アドバイスなども完全に無料で、何度でも電話OK。
コールセンターは全員妊活や出産子育て経験者の女性のみで、栄養士の資格をもったスタッフさんも。
特にはじめての妊活・出産の人にはおすすめのサービスです!

 

 

しかし、ベルタ葉酸でもサプリの摂り方をまちがえば、胎児にとってよくない影響が出ることもないとは言えません。
そこで、ベルタ葉酸に含まれる栄養素の中で、気を付けたい成分2つと、その配合量などをチェックしてみましょう。

 

過剰摂取が胎児に悪影響を及ぼす可能性がある栄養素

妊娠中の過剰摂取に気を付けたい成分は主に2つあります。

 

レチノール(ビタミンA)

妊娠初期にビタミンA(レチノールとも呼ばれる)を過剰に摂取し続けると、胎児が奇形を持って生まれる可能性が高くなるとされています。
症状としては、耳の形態異常や唇に裂け目が出る先天性異常の「口唇口蓋裂」の赤ちゃんが生まれるリスクが高まる懸念があります。
他にも心臓や血管に異常が起きる危険もあり、重篤な症状を引き起こすことも。
とくに、妊娠3ヶ月までの妊娠初期に1日1万IU以上ビタミンAを継続摂取した場合、リスクが高まり危険とされています。

 

ビタミンAの摂取目安量

具体的な数値としては、成人女性のビタミンAの1日当たりの摂取上限値は2,550〜3,000μgで、7,800μg以上摂取し続けると、胎児に奇形を起こす可能性が高くなると報告されています。

 

しかし、ビタミンAは妊娠時に必要な栄養素でもあります。
厚生労働省のビタミンAの食事摂取基準では、妊娠時には通常時より、むしろ50ug多く摂取することが推奨されています。
つまり、ビタミンAを気にするあまり、ビタミンAを避けて栄養摂取する必要は全くありません。

 

厚生労働省のビタミンAの食事摂取基準より
女性のビタミンAの食事摂取基準(μg/日) を抜粋

年齢

推奨量

上限量

15〜17(歳)

600

2,550

18〜29(歳)

600

3,000

30〜49(歳)

600

3,000

妊婦(付加量)

+70

-

授乳婦(付加量)

+420

-

 

ビタミンAには2種類ある

摂取を気をつけなければならないのは、ビタミンAでも動物性の「レチノール」の方。
動物性ビタミンAは、水に溶けにくく油で溶ける性質をもっており、植物性のビタミンAに比べ体内に蓄積されやすいという性質を持っています。
ビタミンAには2種類存在し、積極的に摂取する必要があるのは、植物性由来の「ベータカロチン」の方です。
このレチノールの方のビタミンAの過剰摂取が危険ということなんですね。

 

動物性ビタミンAを多く含む食材
  • 鶏肉、豚肉、牛肉のレバー
  • あんこうやうなぎの肝
  • うなぎのかば焼き
  • あゆ、あなご
  • マーガリン、バター、生クリーム、チーズ
  • 卵の卵黄

100gあたりに多く含む食材は以上のようなもの。
例えばレバーの場合、14000μgとかなり高く、1日のビタミンAをの上限が1500μgなので毎日レバーを食べ続けるのは非常に良くない、ということになります。
ただし、これらの食材を食べるのが悪いというわけではありません。
あくまでも毎日食べ続け過剰摂取になると危ない、ということなのであまり神経質になりすぎるのも良くないですね。

 

妊娠中に貧血になって、鉄分が不足しているからと毎日たくさんレバーを食べるのは危険性が高まります。
そういった場合は、サプリメントで植物性ビタミンA(βカロチン)を補うようにした方が無難ですね。
特にうなぎやレバー、肝の類は避けた方がいい食材であることは覚えておいてくださいね。

 

ベルタ葉酸のビタミンAは、どれぐらい?

ベルタ葉酸のビタミンAの含有量は1粒当たり0.6μgです。
ベルタ葉酸は、1日4粒を目安に飲むことになっているので、1日当たりのビタミンAの摂取量は、0.6μg × 4粒 = 2.4μg です。

 

1日当たりの摂取上限値の3000μgに対して、
2.4μg / 3000μg = 0.0008 = 0.08%
でしかりません。

 

したがって、ベルタ葉酸についてはビタミンAについては気にする必要はありません。
食事でも普通の食事であれば、ビタミンAの過剰摂取になり続けることはないので、妊婦さんは栄養の高いものを食べるようにしましょう。
たとえば、卵やチーズなども、異常な量を毎日食べるようなことがなければ、ベルタ葉酸と併せて食事から摂取しても問題はないのです。

 

ビタミンAが不足するのもダメ?

ビタミンAの過剰摂取は良くない、と言いましたが今度は逆に不足するのはどうでしょう?
危ないからと言って全く摂取しないのは、これまた逆に胎児の発生異常が生じる可能性があります。
赤ちゃんの発育が悪くなったり、早産してしまったりする可能性があるということですね。
ビタミンAは、上皮・器官・臓器の成長など、赤ちゃんが人として成長するために重要な成分を形成するために非常に重要な役割を持っています。
そのため、ビタミンAが不足すると赤ちゃんの体を形成することができなくなってしまうため、発育が悪くなるということですね。
また、母体にも影響があり、夜盲症や角膜軟化症などの難しい病気になる恐れもあります。

 

過剰に摂取した時の影響が怖いからといって、全く摂取しないということがないよう、普通の食事をしっかりと取るようにしましょう。
ベルタ葉酸には、「ビタミンAの量は過剰摂取のリスクを考慮していれています」ので、という公式な記載
もありますので、心配は無用です♪

 

 

葉酸

妊娠前から妊娠初期にかけて必須とされる栄養素である葉酸も、じつは過剰摂取に気を付けたい栄養素のひとつです。

 

しかし、過剰摂取は葉酸過敏症になってしまう危険があります。
葉酸過敏症とは、発熱や蕁麻疹、紅斑、からだのかゆみ、呼吸障害を引き起こすことがあり、けして軽くみてはいけません。

 

また、妊娠中に起こりやすいビタミンB12欠乏症が判別しにくくなることもわかっています。
ビタミンB12欠乏症とは、魚介類に多く含まれるビタミンB12が欠乏し、巨赤芽球性貧血(悪性貧血)を引き起こすこと。
葉酸を取りすぎていると、逆に貧血の症状が安定してしまい軽度のビタミンB12欠乏症が見逃されてしまうことがあります。

 

妊娠後期の葉酸のとりすぎは、胎児のぜんそくを招く?

 

2009年のオーストラリアの研究機関の発表では、「妊娠後期に1日1,000μg以上の合成葉酸サプリメントの摂取を継続すると、子どもの約11.6〜11.8%に小児喘息を発症がみられた」という結果が報告されたようです。
ただ、この結果には疑問も多く、確実とはいえません。
しかし、摂りすぎてメリットはありません。

 

一日の摂取量を守ることが大切なのは言うまでもありません。

 

葉酸の過剰摂取は用法容量を守れば心配無用!

とはいえ、妊娠中は、成人日本女性の食事摂取基準の2倍を超える葉酸を摂取するようすすめられており、サプリを大量に摂取するなどしなければ過剰摂取の心配はほぼありません。

 

葉酸は、胎児の細胞形成に不可欠な栄養素です。
とくに、妊娠初期に形成される脳や神経細胞を作るために大量に使用されるため、不足すると神経管障害を招くことも。
妊娠から3か月間はしっかりとサプリで補ってあげることが重要になってきます。

 

また、葉酸には造血作用・血行改善効果もあります。
お母さんの血液を増やし、整え、胎児に十分な血液を届けることにも一役かっているんですね。

 

葉酸は妊活中から摂取しよう!

妊娠中だけではなく、妊活中もすすんで摂りたい栄養素です。
葉酸で血行や冷え性、貧血が改善すれば、子宮や卵巣の機能が高まり、妊娠の可能性がアップすることが研究からわかってきているんです。

 

また、ホルモンバランスを整えたり、ストレスを緩和したりと、妊娠しやすい体づくりをサポートしてくれます。

 

妊娠中の葉酸摂取量

葉酸の摂取目標量は以下のようになっています。

 

時期 食事から サプリから 上限量/1日

妊娠初期

(妊娠前〜妊娠3か月)

240μg

400μg

1000μg

妊娠中期〜正産期

240μg

240μg

1000μg

出産後・授乳期

240μg

100μg

1000μg

 

葉酸は食事からだけでは不足する!必ず葉酸サプリを併用して

厚生労働省は、食事からの葉酸摂取と、サプリからの葉酸摂取を推奨しています。
食物から摂取できる葉酸は、「天然葉酸」といい、水に溶けやすく熱に弱い水溶性ビタミンの一種です。

 

調理中の過熱や水への流出で、体内で葉酸として吸収できる量は約50%ほどにとどまります。
そのため、たとえ意識的に食事から葉酸を摂取しようと心がけても、一日あたり300μg以下の摂取がやっとというところでしょう。
つまり、妊娠中に推奨されている摂取目標量には、食事だけでは遠く及びませんし、過剰摂取になることはありません。
もし万が一過剰摂取となったとしても、天然葉酸は体内にほとんど蓄積されず尿として排出されてしまいます。

 

そこで、足りない葉酸をサプリで補ってあげる必要があります。

 

ベルタ葉酸などの葉酸サプリは「合成葉酸」

「合成葉酸」と聞くと、なんだか体に悪そうで心配……という感じがしますよね。
しかし、心配は不要です。
むしろ、葉酸サプリは「合成葉酸」であることが厚生労働省からも推奨されているんです。

 

合成葉酸は天然葉酸に比べ、体内で吸収されやすく、またすぐ排出されてしまいにくい性質をもっています。
妊娠初期に、すぐに葉酸が体内から流出してしまっては胎児の形成不全にかかわります。
しっかりとどまって長時間効果を得るために、サプリの合成葉酸は不可欠と言われています。

 

過剰摂取にならないための葉酸サプリの飲み方

ここまでもお話してきたとおり、ビタミンAも葉酸も、普段の食事で過剰摂取になる心配はほとんどする必要はありません。
偏った食事を長期間継続しなければ、高栄養価の食事もOKです。

 

大切なのは、栄養がぎゅっと詰まったサプリメントの摂取方法です。
気を付けるのは以下の3点。

 

  • 成分がきちんと公開されている安全なサプリを選ぶ
  • 用法容量は必ず守る
  • 一度に数日分をまとめて飲んだりしない

 

また、一部の機能性食品には、葉酸が添加されているものがあります。
クッキーやキャンディー、ドリンクなどの加工食品や栄養補助食品で葉酸+されている記載があるものは、サプリ服用時には配合量に気をつけましょう。

 

大切なのは、葉酸の合計摂取量です。
ちょっとの摂りすぎは問題ありませんが、連日摂取上限である1000μを超えるようなことはないようにしたいですね!

 

 

ベルタ葉酸の成分をチェック!

 

ベルタ葉酸は、厚生労働省が妊娠中や妊娠を希望する女性に対して推奨している1日あたり400μgの葉酸をしっかり配合しています。
また、過剰摂取の危険があるビタミンA(レチノール)は低配合で、過剰摂取への配慮もばっちり。
妊活中や妊娠中の女性に必要なビタミンやミネラル、健康や美容に効果的な20種類のアミノ酸までカバーしています。
まさに、これさえ飲んでおけば、妊娠中の栄養補給はOK!という便利なサプリなんです。

 

栄養素 種類
酵母葉酸 厚生労働省推奨モノグルタミン酸型合成葉酸
ビタミン・ミネラル 27種類
鉄分 20mg
カルシウム 232mg
緑黄色野菜エキス成分 21種類
美容成分6種類 ツバメの巣・ヒアルロン酸・プラセンタエキス・コラーゲン・珊瑚カルシウム・黒酢もろみ
アミノ酸 20種類

 

そのほかにも書ききれないほど、たっぷりの栄養成分を配合しています。
たとえば、つわりで食事がのどを通らない……そんなときでも、葉酸だけでなくたくさんの成分が詰まっているベルタ葉酸なら、安心できますよね。
食物繊維もカバーしているため、妊娠中に悩まされがちな便秘などの対策にももってこいと言えそうです。

 

また、妊娠中や産前産後は、赤ちゃんのために精一杯で、つい自分の美容のことは後回しになってしまいがちです。
そこで嬉しいのが、高配合の美容成分。
めんどうなスキンケアなどができなくても、最低限体の中からお肌をサポートできるのがうれしいですね!

 

ベルタ葉酸の高い安全性

ベルタ葉酸は、赤ちゃんとお母さんのために、とにかく安全性に徹底的に配慮しています。

 

無添加へのこだわり

香料、着色料、保存料、香料、発色剤、漂白剤、防カビ剤、膨張剤、苦味料、光沢剤等すべてフリー

 

製造チェックへのこだわり

食品工場以上に厳格な医薬品製造のGMPに適合認定されている製造工場で製造され、18項目以上の厳しい検査を実施。
残留農薬や放射線など、お母さんが特に気になるポイントももちろんクリアしています。

 

お母さんが体に入れたものがそのまま赤ちゃんの健康に直結してしまう妊娠中、「これって大丈夫なの?」と不安になるサプリは摂りたくないですよね。
ベルタ葉酸なら、過剰摂取への配慮はもちろん、配合されている成分ひとつひとつが厳選され検査されているから安心しておすすめできるんです!

 

 

ベルタ葉酸よくある質問

副作用はありますか?

ベルタ葉酸サプリは医薬品ではありません。
副作用の心配はありません。

 

ただし、妊娠中はとくに体が敏感になっている状態。
たとえばつわりで飲みにくい、なんとなくいつもとちがう感じがする、など、体質や体調などによって身体に合わないと感じることもありえます。
気を付けたいのはアレルギー。
食品アレルギーは人によってさまざまです。
アレルギーを持っている人は原材料をチェックしてから購入しましょう。

 

病気で服薬している人で不安な人は、かかりつけのお医者さんに相談するとベターです。

 

いつからいつまで飲めばいいの?

妊娠したい!と思ったら飲み始めて。
授乳完了までは葉酸がたくさん必要です。

 

葉酸が最も必要なのは妊娠初期。
でも、妊娠初期って、妊娠に気づくまで時間がかかりますよね。
きづいてから葉酸を飲み始めるより、妊娠を希望した時点で葉酸を飲み始めたほうがいいでしょう。
葉酸は妊活にも効果的とされているため、飲んでも損はありません。

 

また、授乳期にも母乳の原料として葉酸は使われます。
母乳の原料はお母さんの母乳ですから、貧血にもなりがちです。
ですから、授乳が終わって卒乳するまで葉酸サプリを飲んでおくことは、お母さんのためにも必要です。

 

ベストな飲むタイミングは??

薬ではないのでいつ飲んでもOK。
飲み忘れないようタイミングを決めておくのがおすすめ。

 

食後を問わず、いつでも飲むことができます。
飲み忘れないよう、起きてすぐ、寝る前、食後など、各自でベストなタイミングを決めておくといいですね。
4粒を分けて飲むのもOKです。

 

もし飲み忘れてしまっても、忘れた分は次回に持ち越さないようにしましょう。
過剰摂取になってしまわないよう、一日の上限摂取量は必ず守っていきましょうね。

 

ベルタ葉酸はビタミンAや葉酸の過剰摂取の心配なし♪まとめ

お母さんが心配なビタミンAや葉酸の過剰摂取を中心的にお話してきましたが、いかがだったでしょうか?

 

栄養を摂りすぎはよくないのはもちろん、やはり不足しているのも問題です。
常日頃の食事だけでは、どうしても二人分の栄養分としては葉酸も不足してしまいます。
ベルタ葉酸などのサプリを上手に活用していくことが、お子さんの成長のためにも重要になってきます。
使い方さえ誤らなければ、過剰摂取になる心配はありません。
安全性の高い葉酸サプリはぜひ上手に活用していきましょう!